子供もスポーツクラブ


スポーツクラブというと、社会人が仕事帰りや週末に通うイメージがありますが、最近ではキッズスクールも開設されているスポーツクラブが増加しています。小さな頃からスポーツに触れることで、運動能力の向上をはじめとして、礼儀作法・マナー等の社会性の修得や、スクールの活動を通して、集団行動における自主性、豊かな人間性の育成、更に心身の健康を育むプログラムとして開かれています。

その内容は赤ちゃんから小中学生までと幅広く、ベビースクール、スイミングスクール、体操・新体操・バトントワリング等の体操スクール、チア・ストリート・ヒップホップ・ジャズ・バレエ等のダンススクール、サッカー・テニス・ゴルフ・フットサル・スカッシュ等の球技スクール、空手・少林寺・レスリング等の武道スクール等、キッズスクールと言っても大人のスクール同様に多岐に亘って充実した内容となっています

親子で参加できるスクールもあり、学校で行う体育のスタイルとは全く異なるスタイルで、心と体を育てるプログラムを理念に創設されています。個人の年齢や体力に合わせて指導を行い、確実なレベルアップをはかります。また、スポーツを通して挑戦する姿勢を身につけ、課題に対して積極的に自ら解決する力を育成するような、高いレベルの指導が行われます。このように、スポーツを通して、体力やスキルだけではなく、世界に通用するような人格形成までも目標に掲げています。キッズスクールについてより詳しく紹介します。