キッズスクールの利用


スポーツクラブが開設しているキッズスクールについて、その充実した内容もさることながら、スポーツを通して人格形成や社会性を身につけるという理念のもとに成り立っています。運動神経とは、生まれつきではなく、幼少期から運動経験を積むことで培われます。スポーツを幼少期からすることで、自分の体を思うように動かすことができる能力を養います。それはバランス・リズム・反応・識別・連結・変換能力等を含む、コーディネーション能力とも言われ、五感で感じた情報を即座に処理して、脳からの指示で瞬時に動く能力を指します。運動神経と言い換えると分かりやすいかもしれません。その能力をより高める為には、吸収する力が高い幼少の頃から沢山の運動を経験することが重要な鍵になってきます。

その能力を伸ばすことは、新しい技術を短期間で、正確に習得する力となり、筋力と持久力を伸ばし、環境の変化にも対応できるといったメリットがあると考えられています。現代社会では、外で思いっきり遊ぶことができなくなり、またしたいと思う子供も減っています。運動をする機会は失われ、学校の体育の時間だけでは運動時間は十分ではありません。キッズスクールはそんなお子さんの成長をサポートするカリキュラムとなっています。

楽しく空手を学ぼう

キッズ空手をしよう
出典元 〈スポーツクラブ MEGALOS|キッズ空手

スポーツクラブが行っている、キッズスクールの一つに、空手スクールがあります。日本伝統の武道で、昔は街中にあった空手道場のような存在と言えるでしょう。空手を幼いころから学ぶことで、体力の向上はもちろんのこと、礼儀やマナー、ルールを守る社会性、集中力や忍耐力を培います。スポーツクラブによって異なりますが、一般的な内容としては、挨拶から始まり、基本練習、基本の型と基本の組手とレベルアップしていきます。上級者になると、組手の応用等の練習を行います。突きや蹴りといった空手の基本的な技を繰り返し練習し、持久力や筋力、バランス能力、柔軟性等を養い、強い心と体を作るカリキュラムになっています。空手を通じて、健全な精神、健全な身体を作り上げ、また、相手を思いやる心、何かをやり遂げる自信、チャレンジ精神の育成を目標としています

では、空手を始めとして、様々なスポーツを通して子供の健やかな成長の為に何が出来るか、どのような環境を整えることが適切であるかを常に念頭におき、子供の能力を最大限伸ばすことができるような環境作りが行われています。外で遊ぶことがなくなってしまった現代社会において、このような環境に子供の頃から身を置くことは大きな成長の役に立つと考えられます。